トレンドフォローの損切り位置

トレンドフォローの損切り位置

どうも、ハシモトです。

 

今日コンビニで1,272円という買い物をして、

10,272円を出したら・・・

 

「ちょうどお預かりします、レシートのお返しです」

 

と言われました。

 

いやいやいやいや・・・(笑)

思わず笑ってしまいました(笑)

 

 

 

さて今日は、損切りの位置についてのお話です。

 

 

このセオリーを忘れていると、

なんかわからないけどいつも負ける・・・。

ということが起こりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

損切りの位置は感覚で決める?

損切りの位置を決める時、どんなことを基準にしていますか?

 

もし、

――だいたいこの辺かな?

 

という“感覚”だけで決めているとしたら、非常に危険です。

 

 

 

例えば、以下の様な場面でエントリーするとしたら、

①と②、どちらが損切りポイントになるでしょうか?

※クリックで拡大します。

 

損切りライン

 

 

 

損切りライン=エントリーの根拠が崩れるライン

 

結論から言うと、

実践的には損切りは①と②どちらでも良いと思います。

 

乱暴に聞こえるかもしれませんが、

実践的に考えると状況にもよるからです。

 

例えばこれがすごく良いチャンスで、

ロット数を上げて勝負する場合には、損切りもタイトにする

という戦略が成り立ちます。

 

 

まぁそれを言い出すとキリがないので、

ここでは、一応セオリーとして考えた時にどうなるか、

を考えてみましょう。

 

 

私ならば、を選びます。

 

 

その理由はエントリーの根拠が消滅する場所だからです。

 

 

 

まず、①を下回ってきた場合を考えてみましょう。

 

損切りライン02

 

このような形ですね。

①を損切りにしていた場合はここで損切りになっているわけですが、

これは早すぎると思います。

 

 

なぜなら、そもそもこのエントリーをしたのは、

トレンド相場だから

という理由だからです。

 

ここで確認です。

 

上昇トレンドの定義は何でしょうか?

 

 

そうです。

安値も高値も切り上がっていること。

です。

 

 

つまり、逆に言えば、

安値か高値が切り下がったらトレンドではなくなる。

ということです。

 

 

それを踏まえて、もう一度考えてみてください。

 

 

損切りライン03

 

緑の円で示したのは、確定した安値と高値です。

注目してもらいたいのは、安値です。

 

 

図を見てもらえるとわかるかと思うのですが、

 

①の損切りラインを割ったからといって、

まだ安値が切り下がったわけではない。

 

ということです。

 

 

つまり、①の損切りはセオリーとしては早すぎる、

と言えるのです。

 

 

 

では②を下回った時を見てみましょう。

 

損切りライン04

 

 

ご覧のとおり、②を下回ってしまうと、

安値が切り下がることになってしまい、

トレンド相場の定義が成り立たなくなります。

 

 

これが、損切りを②にする根拠です。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

こうしたセオリーに基づくと、

無駄な損切りをすることがなくなり、

負けトレードが勝ちトレードに転じる場面が増えるでしょう。

 

 

しかし、損切りが深くなることがあるので、

ロット管理だけはしっかりと行なってくださいね。

 

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

相場格言

さて、本日はこんな格言です。

 

若くあってもいい。しかし、愚かであってはならない。

 

勢いがあるということと、

何も考えずに無茶をするのとは違うということですね。

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ