ジリジリドカーン?

ジリジリドカーン?

さて本日は、トレンドフォロワーのあるあるネタを用意しました。

コツコツドカーンならぬ、ジリジリドカーンです。

 

 

あなたもこんなことを経験された事があると思います。

 

――トレンドと思って、エントリーしたら直後に逆行して損切り。

 

まさかないとは言わせませんよ(笑)

今日はそんな話題です。

 

 

ところで、昨日行ったアンケートで、

記事の更新の時間をお尋ねしましたが、

やはり16~18時という方が最も多かったですね。

 

ただ、色々な時間帯に分散されている感もありましたね。

ひとまず記事の更新については、

現状のままにしておいて様子をみたいと思います。

 

ご協力ありがとうございました!

 

 

それでは本題に行く前に、今日も応援をよろしくお願い致します。

以下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

なぜ入った瞬間に逆行するのか?

 

例えば上昇の場合ですが、

ジリジリとゆるやかなトレンドが発生していて、

ビューンっと長い足が出ることがありますよね?

 

 

多くのトレーダーはそこで買いエントリーするわけですが、

エントリーしたが運の尽き・・・。

 

 

真逆に動くわけですね。

 

 

 

なぜでしょうか?

 

その原因の一つとして考えられるのは、

入るのが遅いということです。

つまりあなたが入った時、そのトレンドはすでに終盤という状況です。

 

 

以下の画像を見て下さい。

※クリックで拡大します。

伸び過ぎたら注意001

 

 

このパターンで負けている人は、

本当に多いと思います。

 

慎重すぎて負ける人は、これが原因だと思います。

 

 

私も昔は・・・(笑)

 

 

 

トレンドのリズム

典型的なトレンドのパターンとして、

 

上昇であれば、

ジリジリと昇り、最後にドカーンと打ち上げて終わる。

というパターンがあります。

 

下落はもう少し早い場合もありますが、

基本的には同じです。

 

 

ですから、トレンドがすでに発生している場合は、

少し警戒が必要です。

 

 

特に5分足や15分足などでは、第二波まで出ていたら、

少し注意してみると良いと思います。

 

 

どれだけリスクを抑えて早く入ることができるかが肝です。

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

相場格言

本日はこの相場格言をお届けします。

 

一寸待て、飛びつき買いと狼狽売り。

 

相場では、予想外のことがたくさん起こります。

予想外のことが起こった時、

何の準備もなしに、飛びついてはいけません。

 

きちんと冷静に判断し、入るべきか否かを見極めましょう。

 

 

 

 

最後に、記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックしてハシモトを

応援していただけると嬉しいです。

 

banner

先日、1万ポイント達成しました!

1万ポイントを継続できるように、

ぜひあなたのお力添えを・・・!

 

クリックしたら毎日更新中の

ハシモトの注目通貨を見ることもできます。

 

スクリーンショット_070814_044250_PM

※クリックするだけで応援完了です。

 

 

それでは今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ