エントリーの根拠を考える

エントリーの根拠を考える

どうも、ハシモトです。

 

昨日注目していたポンドドルの下落待ちは、

雇用統計で少し荒い動きになっていきましたね。

 

また、長期下落待ちだったドル円は

雇用統計で強く上昇していきましたが、

もし最終的に103円台まで行くようだと、

日足のレンジを抜けて上昇に向かう可能性も考えられますね。

 

▼日足

スクリーンショット_070414_022248_AM

 

 

それでは今日の話題に入って行きましょう。

 

 

その前に、応援クリックお願い致しますm(_ _)m
あなたのお力添えで、応援ポイントUPをお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

エントリー根拠はいくつ?

突然ですがあなたは普段、

エントリーの根拠いくつ考えますか??

 

 

 

 

エントリーの根拠

例えばチャートを見ていて、

 

「上昇トレンドだから買いだ!」

と言って、それだけでエントリーしていませんよね?

 

まぁこれは少し大げさですね。

・・・意外に勝てたりするかもしれませんが(笑)

 

 

 

さすがにそこまではなくても、

基本的には、エントリーの根拠として

たった一つのモノに頼るのは危険だと思っています。

 

たった一つの根拠だけでトレードを行ってしまうと、

トータルでは失敗すると思います。

 

 

 

根拠として考えられるモノ

それでは、どんなものが根拠として有効になり得るのでしょうか。

 

 

一例を挙げたいと思います。

 

◆長期的な流れの傾き

◆意識されるラインに対する動き

◆移動平均線などの配置

◆チャートの形

◆経済指標発表の有無

◆他通貨ペアの動き

◆時間帯(アジア・ロンドン・NYなど)

◆複数時間足での条件合致

 

など、様々な要素が挙げられます。

 

 

 

どれも重要なモノばかりですが、

個人的に最も重要なのは、

やはり長期的な流れでしょうか。

 

 

長期的な流れに逆らってエントリーするのは、

どうもリスクが高いように感じてしまいます。

 

 

かと言って、

長期的な流れ“だけ”を頼りにしてはいけません(笑)

 

あなたなりのトレード根拠を定めていきましょう。

 

 

まとめ:リスクの程度を考える

 

ここまでエントリーの根拠についてお話しましたが、

実際にトレードする時は、常にリスクを考えましょう。

 

 

つまり、

今この条件で入ると、これだけのリスクがある。

 

ということを考えて、許容リスク内でトレードするということです。

 

 

 

どんなに良い条件が合致したとしても、

リスクについては必ず考えるようにしましょう。

これはすごく重要なことです。

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

相場格言

こんな格言があります。

 

商いを仕掛ける時はまず損金を積むべし。

 

始める前から負けることばかり考えるのもよくありませんが、

相場がその後どんな動きをするのかということは、

誰にもわかりません。

 

常に最悪の事態を想定して準備するようにしましょう。

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ